5万借りたい

不動産投資用のローンに力を入れている新しい銀行が出てきた

あまり知られていない投資方法で不動産投資というのがあります。最近では投資といえば株式、次にFXというようにこの2つに人気は絞られてしまっているところがありますが、今でも資産家の人たちは不動産投資を行なっているようです。不動産投資はアパートやマンションなどを買ってそれを家賃収入で回収していくというスタイルなのですが、この不動産投資をするのに住宅ローンを使っているのです。投資家ならそのまま現金で買える人もいるかもしれませんが基本はローンを組んでいます。そしてローンを組んで購入して、返済に家賃収入を利用するというわけです。

本来であれば銀行から借入をするものなのですが、最近ではある銀行が不動産投資用の銀行ローンを作ったりもするようになりました。銀行からするとこういった投資用の貸出というのを直接作っているところはありませんでした。あくまで住宅ローンやセカンドハウスローンなどで対応していたのですが、投資家たちの資金を得ようと思ったのでしょう、最近では専門のローンを作っているのです。

比較的新しく出来た銀行ではありますが、さすがに住宅ローン・不動産投資用のローンということもあって、金利もかなりお得になっています。変動金利と固定金利があるのは同じようですが、短い期間の固定金利というのもあるようです。これは回収が早ければまたお金を借りて他の不動産に投資するというサイクルを早めるために、数年間で返済してしまう考えのもとでできていると言えるでしょう。

不動産投資はあまり一般人には関係がないと思うかもしれませんが、実家を引き継いで家賃の心配がない人などには新しく住宅ローンを組んで投資するという方法もあり、それなりに利用することができる投資スタイルです。当然借入金も多くなりますし、家賃収入がちゃんと入ってこないという事もありますから、リスクは大きいかもしれません。しかし株式やFXよりも大きな儲けと安定した収入を期待できるという点で、お金持ちの人たちは今も利用しており、それが徐々に一般人にも広がりつつあるのです。

学生でのプロミスの利用は可能だが積極的だとは言えない

学生の人たちがどういう風に感じるかはわからないですけれども、基本的にインターネットにしても町中であっても、学生向けのキャッシングというのはあまり多いようにはみえません。キャッシングをするときには大手の業者を利用したいと思うものですが、学生向けのキャッシングをどんどん推進していたり、借入しやすいような形を作っているようには到底思いません。逆にあまり学生を歓迎していないんだろうなと思います。

例えば大手で言えばプロミスなどは消費者金融通しても学生も利用できるものです。学生も利用できるとはいえ、プロミスは全面に使えること、借り入れできるということを書いているわけではありません。もし学生もたくさん借りて欲しいというのであればホームページ等にも「大歓迎!」というふうに書いているでしょう。しかし書いていないということはあまり個客としては好ましいと思っていないのかもしれません。

その理由は色々あると思いますが、おそらく学生が稼ぎが少ないということでしょう。平均年収あるくらいの人であれば十分に返済能力があるかもしれませんが、学生の場合は難しいでしょう。学生の場合はアルバイトをするくらいしかありませんし、アルバイトをするにしてもなかなか十分なお金を稼ぐことはできません。となると借り入れをしたとしても返済が難しいというふうに考えられるからです。

また、おそらく学生にはあまりこういう勉強以外のことをしないようにする方がいいという風に考えたわけでしょう。もしかしたらプロミス側もあまり学生に迷惑をかける様なことをしないほうがいい、儲かったとしても止めておこうと考えているのでしょう。プロミスも昔から長く営業をしている業者ではありますが、色々と紆余曲折あって今に至っています。大きな業者になるまでには失敗も経験しており、それが糧になって、学生にはあまり積極的に貸出をしないという判断になっているのかもしれません。

学生の本分は勉強ではありますし、あまり貸出を積極的でない人が多いというのを考えても、借り入れをしないで過ごせるようになることのほうが重要かも知れません。

最低返済額が決まっているレイクだが少しでも高い返済を心がけよう

キャッシングをしたことがない人なら分からないかも知れませんが、実は返済というのはちゃんと決まっています。返済額をこちらが「じゃあこれで」というふうに決められるわけではなく、最低限これだけは月に返済をしてくださいという風に決まっているのです。レイクでも同じように決まっているのですが、この毎月の返済最低額というのはすごく安くなっているのです。例えばレイクの場合10万円までの少額の借り入れというのは多いと思いますが、その時に返さないといけない最低の金額は3000円となっています。一回飲み会を我慢するだけでいいくらいの金額ですし、ほとんど無理の無い形で返済をすることができます。

こういった最低額というのは返済でどのキャッシングでも決まっているんですけれども、この最低額を返済していくというのはあまりおすすめできることではありません。確かに一回の返済で3000円というのは構わないですし、お金がないときに無理やり返済のためにお金を作る必要もありません。とはいえ、この最低額だけで返済し続けていたら、かなり完済するまでに時間がかかってしまいますし、金利ばかりを支払って元金が減らないというような状況になってしまいます。

最低返済額を返済するときに気をつけたいのは、そのお金をどのように配分されているかということです。つまり返済するときには元金と金利を返済しないといけないわけですが、それがどの割合で使われて、どの程度減っているのかです。この時に最低返済額だけであれば、金利でほとんどが消えてしまうのです。先に元金だけを返すようなことは出来ないのです。ですから元金も十分に減らせるようなレベルの金額を選んで返済すべきでしょう。繰り上げ返済なども有効だと言えます。

ですから最低返済額を使うという場合にはお金がない場合にしておくべきでしょう。必ず返済をした方がいいので、少ない金額でも返すには越したことはありません。その後余裕が有るときに多めに返済していくような方法を考えたほうがいいでしょう。そのほうがレイクなどのキャッシングも安全に使うことができます。

プロミスの利用が原因で住宅ローンが組めないことがあるのか

プロミスを使っている人で多い相談といえば「返済ができそうにありません」ということ、「他のところから借入を追加でできるでしょうか」といった追加融資に関すること、そして「住宅ローンや自動車ローンに関係する事はあるんでしょうか?」ということの3つでしょう。当然他にも色々あるかもしれませんが、住宅ローンとプロミスというのは非常に密接な関係があるので、利用の仕方については考えたほうがいいでしょう。

どういうことかというと、プロミスを始めとしたキャッシングを多くしていると、住宅ローンの借入ができなくなる可能性があるのです。借り入れができなくなる可能性というとちょっと正確ではないのですが、正確に言うと借り入れできる額が減るというわけです。これは考え方の違いなのですが、その人の信用をどこで使うかということなのです。

わかりやすく言うと人には信用というものがあります。その信用に基づいてプロミスは貸出をしますし、住宅ローンも人によってその信用を見ながら貸出をするのです。つまりプロミスを利用しているという時点で信用を利用しているので、100%の信用を住宅ローンに利用できないのです。そうなると、年収の5倍まで借り入れができるとしても、即日融資信用を利用してしまっているために、4倍や3倍までしか利用できないというわけです。だから銀行からは「プロミスを利用されているのであれば、返済をしないと住宅ローンを組むことができない」といわれるわけです。

こういう信用に基づくプロミスの貸出というのは重要なのです。だから貸出によってかなり影響をするというわけです。ただ、一度審査に行く前に住宅ローンの説明会などで相談をするのがいいでしょう。住宅ローンの説明会などで個別に相談をすることが出来れば、プロミスのを返済をした方がいいのかどうか、どのくらいまで借り入れをしてもいいのかなど相談に乗ってくれるでしょう。借り入れについては信用が大きく関係しているというのを覚えておくといいでしょう。それを覚えておけば住宅ローンやカードローンにどのように自分の信用を配分するか、考えられると思います。

毎日ネットでクレジットカードの使用履歴を見ておくべき理由

インターネットってほんとうに便利です。使わない人からすると「無くても別に困らない」と言いますが、それはその通りでしょう。昔の人は車も電車もなくても困らかったですし、牛丼屋やうどん屋、カレーなどがなくても困らなかったはずです。しかしそれらの便利さや美味しさを一度知ってしまうと、もう辞められないようになります。今、車や電車のない生活は考えられないですし、ファーストフードのない生活も考えられません。ですからインターネットも一度はまってしまえば、それから逃れることは難しいといえるでしょう。

インターネットを使って便利なのはインターネットショッピングだけではありません。どうしてもそれが一番多く利用されているので注目されますが、実際にはクレジットカードの履歴を見れるなどの小さいけれども大きなサービスも有るのです。クレジットカードを利用している人でインターネットのサービスを使っていない人は毎月の履歴を見るしかないと思います。送られてくる明細を見て「今月は使いすぎた」などとチェック出来ますが、インターネットの場合は毎日のようにチェック出来ます。そして毎日チェックすることはすごくメリットが大きいのです。

なぜ毎日チェックするとメリットが大きいかというと、不正に利用されたものにすぐに気づいて連絡をすることができるからです。「こんなものに使ったことがない」と思ったらカード会社に連絡し、そのカードを利用できないようにして、新しいカードを再発行してもらうこともできます。当然カード会社でもそういったチェックはしていますし、連絡をくれたりしますが、カード会社も逃してしまうような履歴でもチェックをすることができるのです。これはインターネットを利用するクレジットカードユーザーのいい所でもあります。

ちなみに履歴をチェックするだけではなく、支払いなども出来ます。クレジットカードの枠を開けたい場合などには早めに銀行振込をすることもできますし、ネットローンでキャッシングをすることもできるのです。ここまで便利なのですから使わない人は困らないと言うよりも、損をしていると言えるんじゃないですか。

サイトマップ